7惑星集合の機会を調べてみた

Posted in 天文 on 2022-06-23 – 02:58
Comments (0)

2022年6月中旬から7月上旬ごろは,明け方の空に太陽系の7惑星(地球以外)が全部見えている.

頻繁に起こることではないだろうが,一生に一度のチャンスというわけでもなさそうだとも思い,検証した記録.

■条件:

日の出30分前,もしくは日の入り30分後の時点で,7惑星が高度5度より高いこと(場所は東京).実際は,金星はもっと低くても見えるだろうとか,反対に天王星や海王星は30分で5度では見えないだろうとかの条件もあるが,ひとまず無視.

■方法:

ステラナビゲータでスクリプトにより計算(詳細略).

■結果:

1980年以降2100年までの期間で,10回.

以下で星図は見やすい日や時刻を選んで掲載(30分固定ではない).図は全部クリックすると大きくなる(はず).

1:1984年1月上旬~2月上旬 明け方

水星はまずまず,天王星や海王星もそこそこ高度があり(かつ,海王星は金星や木星と近くて見つけやすい),冬で透明度が良いと,かなり好条件だった.

2:1996年6月下旬 明け方

金星が見えたら水星も見つかったはず.天王星と海王星が太陽から遠いほうにあるのも少し好都合だったかも.

3:1997年11月下旬~12月上旬 夕方

水星こそ低いものの,冬の透明度のおかげで条件はかなり良かったはず.土星だけ寂しそう.

4:2020年7月中旬 明け方

前回.20年以上ぶりの機会だったようだ.天王星と海王星がかなり高いのは好条件だった.空を大きく見渡すダイナミックさが特徴.水星が昇ってくると木星が低くなっていくというバランスの見極めが重要だった,のかな,当時は.

5:2022年6月中旬~7月上旬 明け方

今回.惑星同士の間隔がわりと均等(6月24日にして月も入れればなお良し)で美しい.後述するが,明るい5惑星が「水金火木土」の順に並んでいるのはかなり珍しく,この点では他に比べて希少価値アップかも.梅雨なのは仕方ない.

6:2022年12月下旬 夕方

次回.水星が(金星が近くて)見つけやすく,天王星と海王星の高度があり,冬の透明度の良さ,夕方(明け方よりも生活リズム上で好都合)と,最高条件に近いかもしれない.クリスマスに観察会を企画してはどうか.

7:2025年2月下旬 夕方

海王星が太陽に近いほうの低空なので,実際に見るのはかなり難しいと思う.

8:2060年11月中旬 明け方

天王星が太陽に近いほうの低空なので,これも実際に見るのは難しそう.40年も経つと天王星と海王星がこんなに離れるんだ,という驚き.

9:2061年5月上旬~下旬 夕方

海王星やや低めだが土星が目印になる,また天王星も低めだが太陽と反対,なので,見える可能性はじゅうぶんある.ただし個人的には(生きているとしても)目がダメになってそう.

10:2066年5月下旬~6月上旬 夕方

21世紀最後の機会.海王星が低すぎるので実際上はかなり難しそう.

■考察:

最初「今回(2022年6月)の前が2年前,次が半年後なので,7惑星が揃うのはそんなに珍しくもないんでしょう?」と思って調べ始めたが,(条件の選び方次第とはいえ)40年近くも起こらないとか,起こっても見づらいとかで,逆に「今回(と次回)に見ておかないと生涯で二度となさそう」と感じた.

とはいえ今回は梅雨空で厳しそうなので,年末に期待.スカイデッキで見えるかな.海王星をどうするかが問題.

■発展:

結果の5にあるように,今回は「明るい5惑星が水金火木土」の順に並んでいて面白い.このような並び順になる機会も調べてみた(30分で3度以上,天王星と海王星は考慮しない).

前回は1966年8月の明け方だが,土星が他の4つから離れすぎていたようだ.

今回は約55年ぶり.繰り返しになるが間隔がわりと揃っているのも良い.

で,次回は約40年後の2060年10~11月の明け方.少しまとまりがない.

さらにその次は2067年3月の明け方.また土星が離れすぎ.で,これが21世紀の最後の機会.

というわけで,これは今冬のチャンスはないので,何とかこの梅雨の晴れ間に見ておかないといけない(または40年後まで健康でいるか).

■総まとめ:

  • 今回は偶然,2年半で3回もチャンスがある(あった)が,長期的にはやはり,かなり珍しい.
  • 今回も見ておきたいが(水金火木土の並びは貴重),今年末の機会はもっとチャンス.見たり撮ったりの計画を早めに.
  • 40年後も何とか見えるといいな.

2021年振り返り

Posted in イベント, 写真, 天文, 日常 on 2021-12-31 – 17:35
Comments (0)

毎年恒例,年末にしか更新しないブログ2021年版(2020 / 2019 / 2018 / 2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012).

例年「星空案内人としては~」みたいなことを書いてきたが,そういう立場じゃないなと思い知らされた一年.活動報告アカウント(Twitter)も閉じた.来年(度)からは六本木も三鷹も辞退する.僕がやるべきじゃない.

仕事(本業)については,当てにはされているんだろうが期待はされていないということを身に染みて感じたので,頑張る(というほどのこともしてないが)のは止めにする.

趣味としての天文はレナード彗星(C/2021 A1)が見えた&撮れたので良かった.9月中にカノープス見えたのも良かった.11月の部分月食も見えて良かった.空が星が好きであることは変わらないので,そこは自分に対して安心.あとオリンピックはとても良かった(とくに卓球).

4周目の最終年となる2022年,フラットな心持ちでいられますように.

(上段左から)1月14日 会社 / 2月16日 代々木公園 / 6月12日 会社 / (中段左から)7月11日 自宅 / 10月29日 初台 / 11月3日 六本木 / (下段左から)11月19日 代々木公園 / 12月18日 自宅 / 12月28日 六本木

2020年振り返り

Posted in イベント, 写真, 天文, 日常 on 2020-12-31 – 17:35
Comments (0)

毎年恒例,年末にしか更新しないブログ2020年版(2019年版2018年版2017年版2016年版2015年版2014年版2013年版2012年版).

例年なら「何ら変わることなく」で始まる年報だけど,さすがに 2020年は変わった.星を見る以外の趣味は(パズルを除いて)ほぼゼロ.健康無事で過ごせたのは感謝.

星空案内人(星のソムリエ)関係の活動は,こんな感じ:

  • 六本木天文クラブ 天文セミナー 講師,観望会スタッフ等
  • 六本木天文クラブ 星空案内人養成講座 講師
  • みたか星空散歩 星空トーク
  • ウェザーニュース「4月こと座流星群」「ペルセウス座流星群」中継番組リモート出演
  • 「AERA」取材対応

などなど.セミナー等リモート(オンライン)で開催させていただき,ありがとうございました.

趣味としての天文は,新宿でネオワイズ彗星(C/2020 F3)撮影できたので満足.年末の木星土星の超大接近も連日のように追いかけられて楽しかった.とはいえ全体としては控えめ.このくらいでちょうどいい.

来年以降も無理をせず,自分の楽しみのために,という原則を大切に.本業も星空案内人のいろいろも,余計なことに首を突っ込まない,言われたことしかやらない(欲を出さない),難しいことや面倒なこと,ややこしいことは考えない.

2021年が明るく楽しいものとなりますように.

(上段左から)2月8日 六本木/3月26日 代々木八幡/5月9日 自宅/(中段左から)5月24日 会社/5月28日 自宅/7月19日 新宿/8月30日 自宅/(下段左から)9月13日 新宿/10月1日 六本木/12月17日 六本木

2019年振り返り

Posted in イベント, 写真, 天文, 日常, 音楽 on 2019-12-31 – 17:08
Comments (0)

毎年恒例,年末にしか更新しないブログ2019年版(2018年版2017年版2016年版2015年版2014年版2013年版2012年版).

やはり何ら変わることなく,星を見て過ごすことが大半の(いつもと同じ)一年.良いこと.それ以外では音楽(ライブ)とパズルと卓球観戦と謎解き(ここまでテンプレート).

星空案内人(星のソムリエ)関係の活動は,こんな感じ:

  • 六本木天文クラブ 天文セミナー 講師,観望会スタッフ等
  • 六本木天文クラブ 星空案内人養成講座 講師
  • 星空案内人フォローアップ講座 講師
  • みたか星空散歩 星空トーク
  • 星空宇宙天文検定 検定問題チェック,検定監督
  • そば酒庵 寿々屋「酒と宇宙と…」講師
  • ウェザーニュース「部分日食」「皆既月食」中継番組出演
  • TOKYO FM「Blue Ocean」出演
  • J-WAVE「ACROSS THE SKY」「CHINTAI COLORS OF WONDER」出演
  • 「りそなーれ」取材対応

などなど.天プラ,六本木天文クラブ,三鷹,職場経由などなど,色々とお声がけくださり本当にありがとうございます.昨年までにくらべるとややペースダウンだけど,このくらいでちょうどいい.

趣味としての天文は,「天の川を挟んで輝く木星と土星」を見にニュージランド(7回目)へ行ったのが一番の出来事.町の変化も感じられて,このタイミングで行っておいて本当に良かった.6月にフジテレビのクイズ番組「99人の壁」に「星座」ジャンルで出演させていただいたのも良い思い出.紹介VTRも丁寧に作ってくださり,とても嬉しかった.100万円ほしかったなー.

9月の星見旅行@和歌山も良かったし,11月に漫画のモチーフにしていただいたのも感謝.相方やお友達のおかげで星柄グッズもいろいろ増えてありがたい.日常で空を見上げることは変わらずだけど,写真を撮ることがますます減ったかな.

天文以外では,何といってもthe pillowsの30周年.映画にエキストラ出演したり,記念ライブで盛大にお祝いしたりで楽しかった.卓球観戦はワールドカップを目の前で見られて大喜び.オリンピックも期待♪

それでは楽しい 2020年を.

(上段左から)1月2日 自宅前/1月6日 幕張/2月1日 自宅/(中段)9月1日&3日 ニュージランド・レイクテカポ/(下段左から)1月18日 渋谷/8月9日 渋谷/3月24日 横浜

2018年振り返り

Posted in イベント, 写真, 天文, 日常, 音楽 on 2018-12-31 – 16:56
Comments (0)

毎年恒例,年末にしか更新しないブログ2018年版(2017年版2016年版2015年版2014年版2013年版2012年版).

相変わらず星が大半の(変わり映えのしない)一年.良いこと.それ以外では音楽(ライブ)とパズルと卓球と謎解き(ここまでテンプレート).

星空案内人(星のソムリエ)関係の活動は,こんな感じ:

  • 六本木天文クラブ 天文セミナー 講師,観望会スタッフ等(20回)
  • 六本木天文クラブ 星空案内人養成講座 講師
  • 星空案内人スキルアップ講座/フォローアップ講座 講師
  • みたか星空散歩 星空トーク(14回)
  • 星空宇宙天文検定 検定問題チェック,検定監督
  • そば酒庵 寿々屋「酒と宇宙と…」講師
  • 季寄せ蕎麦 柏や「まちなかサイエンスカフェ「地球のきょうだい星たち~金星と火星について~」」講師
  • ウェザーニュース「しぶんぎ座/4月こと座/みずがめ座η/ペルセウス座/オリオン座/ふたご座流星群中継」出演
  • フジテレビ「黄昏流星くん」出演
  • 「LEON.JP」取材対応
  • 「UNIQUES」取材対応
  • 「BRUTUS」記事協力

などなど.観望会やワークショップなど含めると 71回の活動,5日に 1回くらい何かやってることになる.天プラ,六本木天文クラブ,三鷹,職場経由などなど,色々とお声がけくださり本当にありがとうございます.一年通してとくに,というと「まちなかサイエンスカフェ」「ウェザーニュース」「黄昏流星くん」「UNIQUES」かな.

皆既月食のときのいろいろで「僕は普通じゃないし,普通でないことは求められていない」ことをあらためて思い知らされたので,「表立って(何かの代表的なものとして)コメントしたり活動したりするのは控えよう」と誓った一年だった.今後もできるだけ表に出ないようにしながら,変な人でも構わない場では協力を.

本業も,とにかく未だに能力が圧倒的に足りないことを感じ続けた日々だった.もっと楽になるはずだと思っていたことが,むしろいっそうハードになってしまって,どうしたものかと.やれることをやるしかないんだけど,はてさて.

趣味としての天文は,相変わらず街で気軽に空を見るのが好き.写真を撮ることが少し減ったかも.振り返ると星関連では仕事から趣味まで全体的にテンションの低い一年だったような気がする.もっと心穏やかに,泰然自若としていたいものです.来年以降はどうかなー.数年ぶりに APODの紹介を再開したのは,数少ないプラスポイント.2019年は 7回目のニュージーランド訪問したいところ.

天文以外は…the pillowsのライブと謎解きに卓球観戦(これも例年どおり).謎解きはもうちょっと上達したいけど,今の「ちょうどいいくらいにできない」のも悪くない.映画館で 3回も映画を見たのも,個人的にはなかなか珍しいことだった.

そして今年も,星柄グッズたくさん増加,相方やお友達に感謝☆

それでは楽しい 2019年を.

(上段左から)1月1日 中野/2月17日 自宅/3月2日 芝公園/3月30日 新宿/(中段)7月29日 銀座/(下段左から)8月14日 自宅/9月24日 代々木上原/12月20日 新宿